BLOG

Category Archives: 自然観察人

サンゴの産卵調査ダイブ

2015年06月04日

はいさい、安田です。

ここ数日、沖縄ではサンゴが産卵を始めています。
2日には砂辺と真栄田岬が産卵したとの情報があり、僕たちも昨晩、読谷の海で産卵が始まるかをチェックしてきました。

この場所は初めて入りましたが、サンゴの元気さが他とは比べ物になりません!
沖縄 ダイビング 読谷 サンゴ 産卵
宜野湾や那覇シーサイドパークに続いて、本島中部にもまだサンゴの元気な場所が残っている事は、とても嬉しいです♪
砂も巻きあがってサンゴに被りそうだし、水深も浅いので水温が上がりやすそう。
サンゴにとっては育ちにくい環境なのでは?と思いますが、それ以上にここで育てる何かがあるのでしょうね。
1つ1つのサンゴが太く、しっかりした大人のサンゴという印象でした。
沖縄 ダイビング 読谷 サンゴ 産卵
沖縄 ダイビング 読谷 サンゴ 産卵

肝心の産卵ですが、21:30から1時間ほど入って、卵が出てきそうか見ていましたが、産卵の気配なし。。。
サンゴポイントでのナイトダイビングを楽しむ結果となりました(笑)
沖縄 ダイビング 読谷 サンゴ 産卵
沖縄 ダイビング 読谷 サンゴ 産卵

昨晩は真栄田岬でも産卵があったようです。
もしかしたら、今日もするかも??

真栄田岬、調査ダイブ!

2015年05月28日

 

 

はいさい、安田です。
今日は朝から結構な雨が。。。
ザ・梅雨!といった感じですが、真栄田岬の調査ダイブへ行ってきました♪

目指すは、ホタテツノハゼや、ニチリンダテハゼなどのレア種がいないか。
34mまで潜り、いつものヒレナガネジリンボウ・ヤシャハゼはバッチリ。
沖縄 ダイビング 真栄田岬 ヒレナガネジリンボウ
今日はまだストレスがかかっていないのか、近距離まで寄らしてくれました♪
沖縄 ダイビング 真栄田岬 ヤシャハゼ
早々に切り上げ、他のハゼを探しましたが、会えたのはダテハゼ、ニシキオオメワラスボなど。。
ニシキにいたっては、ボケボケです。。。
ちゃんと撮れると綺麗なのですが、まらリベンジしたいと思います。

沖の根付近では、ジョーフィッシュの巣をいくつか確認できたので、こちらも再度リベンジしたいと思います。

ツバメの根では、ホシゾラワラエビを確認!
しかも結構大きな個体が2匹♪
沖縄 ダイビング 真栄田岬 ホシゾラワラエビ
前回見たのは2年ほど前だったので、一人撮影大会でした(笑)

減圧停止・安全停止中には、ハナイロウミウシ、センテンイロウミウシを発見。
あまり動きまわらずじっくり探すと、まだまだウミウシが見つけやすい季節ですね♪
沖縄 ダイビング 真栄田岬 ハナイロウミウシ
沖縄 ダイビング 真栄田岬 センテンイロウミウシ

ホタテツノハゼ、久々に会いたいな~!

 

【新・コーナー:今日の生き物♪】
その日の気分で紹介しましょうね

ホシゾラワラエビ
沖縄 ダイビング 真栄田岬 ホシゾラワラエビ

エビとついていますが、見た目は細いカニ。
しかし、実はヤドカリの仲間という、ややこしい子です。
甲殻類らしく、さすがに光は嫌がるようです。
写真を撮る時には、ずっと当ててあげないで下さいね♪

 

 

参加者全員にその日に撮らしていただいた写真をプレゼントしています!

 

 

万座調査ダイブ!

2015年05月26日

粟国島・渡名喜島の遠征日程が出ましたよ~!!!

沖縄 ダイビング 粟国島
ぜひぜひ、沖縄本島発の本格的外洋ダイビングをご期待ください!!
詳細はこちらから↓

2015年、粟国・渡名喜のHPページ

【粟国島・渡名喜島方面 遠征予定日】
6月 6日㈯・10日㈬・14日・20日㈯・22日㈪・27日㈯
7月 5日・11日㈯・15日㈬・20日・26日
8月 2日・9日・16日・23日・30日
9月 6日・13日・20日・27日
10月 4日・11日・18日・25日
11月 1日・8日・22日
12月 6日・20日
○曜日記入以外は日曜日です。

※この日程以外で希望の場合で、土日の場合は対応可能な場合がございます。
その他日程でも希望がある場合は、お問い合わせください。
※HP記載より集合・出港時間が早くなります。
★粟国島 渡名喜島便
2ダイブ 17000円

 

 

はいさい、安田です。
天気は良いのに、ノーゲスト(泣)
事務もしなければなりませんが、万座:ホーシューへ調査へ行ってきました!

ボートで行くイメージの強い万座ですが、ホーシューはビーチからでも潜れるのです♪

まぁ、琉球石灰岩の上を3分ほど歩くのですが(笑)
沖縄 ダイビング 万座 ホーシュー

しかし、水中はやっぱり面白い万座♪
スタッフ2人で行ったので、ディープの調査をメインに。
アケボノハゼや、ピグミーシーホースの場所を確認!
沖縄 ダイビング 万座 ホーシュー
沖縄 ダイビング 万座 ホーシュー

かなりの深場では、大型のモザイクウミウシを発見!!
12~3cmはありましたよ。
沖縄 ダイビング 万座 ホーシュー

減圧停止・安全停止時間も長い間に、写真を撮ったりもしていました。
しかし、こちらも大きめのレイシガイが目立ったので駆除。
沖縄 ダイビング 万座 ホーシュー

全てがダイナミックな万座でした♪

【今日の生き物コーナー♪】
その日の気分で紹介しましょうね

パイナップルウミウシ
沖縄 ダイビング 万座 ホーシュー

沖縄らしいネーミングのウミウシが登場です♪
通常の個体は2~8cm程度の個体が多いそうです。
大型の個体は10cmを超えますが、今日の個体は12~3cm
テンションあがりました(笑)
こんな出会いがあるから、ダイビングは止められません♪

 

 

参加者全員にその日に撮らしていただいた写真をプレゼントしています!

 

 

慶良間保全活動

2015年05月25日

 

 

はいさい、安田です。
皆さん、昨日のダイビングの日(5=Go、2=to、4=sea)にはダイビングしましたか~?
日曜日だったので、潜りに行かれた方も多いのではないでしょうか♪

さて、今日は沖縄ダイビングといえばの慶良間諸島、保全活動へ参加してきました。
1ダイブ40分の間に、サンゴを食べるオニヒトデやレイシガイダマシ、水中ゴミの撤去などを行うこの活動。
ポイントによっては、かなり少なくなっているように思います。
沖縄 ダイビング 慶良間保全

今日はカメポイントで有名な、儀志布島で3ダイブ。

途中には、お久しぶりに登場のアオウミガメ♪
なぜか、ゲストのいない時に出会える確率が多い気が。。。(笑)
沖縄 ダイビング 慶良間保全

今日は20名ほどのスタッフのみで潜りましたが、取れたのはこれだけ。
ポイントによってたくさん取れる所もあるので、好みのサンゴが有るんでしょうね。
ちなみに、オニヒトデは水中粉砕されています。
沖縄 ダイビング 慶良間保全

次回は6月中旬の予定です♪

【今日の生き物コーナー♪】
その日の気分で紹介しましょうね

カルカリナ
沖縄 ダイビング 慶良間保全

聞いたことがない方が、ほとんどだと思います。
太陽の砂といえば分かる方が多いのではないでしょうか?
太陽の砂は、カルカリナという有孔虫が死に、殻が乾燥したものが浜に打ち上げられたものを言います。
ちなみに星砂は、バキュロジプナスと言うそうです。
現在はどちらも保護のため、採取は禁止されています。

 

 

参加者全員にその日に撮らしていただいた写真をプレゼントしています!

 

 

潜水・高気圧医学セミナー

2015年05月24日

はいさい、安田です。

今日はちょっと難いお話。
那覇市の沖縄県立博物館にて開催された、セミナーに参加してきました。
今回の内容は、潜水事故の現状や、ダイビングとはかけ離す事の出来ない減圧障害のお話など。
沖縄 ダイビング 潜水医学セミナー

過去のデータを見ていると、減圧障害(減圧症や、動脈ガス塞栓症)は減っているのですが、特に沖縄では事故者の年齢層が高くなっている事が分かりました。
これは暖かい海で、長時間潜ることにより、体への負担が徐々に大きくなっているという事が考えられるようです。
やはり、いくら元気でも、控え目なダイビングを心がける意識が大切ですね。。
沖縄 ダイビング 潜水医学セミナー

医学的なお話もたくさん出ましたが、その中でも意外だったのが、減圧症患者に対しての対応。
今まで、救命処置として純酸素供給が推奨されていましたが、かなりの効果があるようです。
これには体内の窒素ガスの洗い流しの効果があります。
正直、チャンバーへの処置時間が早かろうが遅かろうが、処置中の時間が短かろうが長かろうが、そこまでの差がないようです。
沖縄 ダイビング 潜水医学セミナー
それよりは、処置前に純酸素供給を行って、洗い流しをしているかどうかが、改善の差が出るようです。
もちろん、なるべく早く、処置を受けさせた方が良いのは当たり前ですよ!
沖縄 ダイビング 潜水医学セミナー

このような研修会やセミナーなどは、難しいのですが、為になりますね!!
今までの知識も間違ってはいないのだろうけど、最新のお話や、他業種のお話も聞けるので、これからも参加していきたいと思います♪

慶良間保全活動

2015年04月15日

はいさい、安田です。
恒例となりました、慶良間保全活動へ参加してきました。
沖縄 ダイビング 慶良間保全活動

今日は北風が強く、波が高かったので、チービシのナガンヌ島南を3ダイブ。
お天気は最高に気持ち良いので、早く海が落ち着いてほしいです!

オニヒトデは小さな個体が2匹と少なかったのですが、レイシガイは沢山。。。
1つのサンゴに30個以上ついている場所も!
良く潜るポイントは減ってきていますが、あまり潜らないポイントはやはり多いですね。
沖縄 ダイビング 慶良間保全活動

サンゴが元気なポイントに生息する、テングカワハギも観察できたので、大切にしていきたいですね。

 

【新・コーナー:今日の生き物♪】
その日の気分で紹介しましょうね

ツユベラ
沖縄 ダイビング 慶良間保全活動

成魚と幼魚で、大きく色彩が変わる魚です。
この写真は幼魚で、成魚は何とも説明しづらいのですが、どちらも綺麗ですよ♪
そして、面白いのが寝る時の行動。
幼魚も成魚も、砂の中に潜って寝ています!
凄く苦しそうなのですが、身を守るには最善なのでしょうか。

 

 

参加者全員にその日に撮らしていただいた写真をプレゼントしています!

修学旅行で、サンゴ畑へ♪

2015年04月04日

はいさい、安田です。
今日はネイチャーワークスで、さんご畑ガイドツアーです。
修学旅行の皆さんと、さんご畑へ行ってきました♪
沖縄 ネイチャーワークス さんご畑

今回も、代表者の方はサンゴの株分け、グループに分かれてのさんご畑のガイドを。

株分けは、すでに大きくなっているサンゴから、数センチを切り取り、別の基盤へと固定させます。
その後、育ったサンゴは自然の海へと植えつけられていきます。
沖縄 ネイチャーワークス さんご畑

養殖サンゴを触る事が出来たり、さんご畑目の前の海で、サンゴが大きく減ってしまった時代の写真や、現在の育ってきている写真などを比べると、生徒の皆さんにも分かりやすかったようです。
沖縄 ネイチャーワークス さんご畑
沖縄 ネイチャーワークス さんご畑
さんご畑を作った経緯や、そもそもサンゴとは何か、どんな生き物なのかなどの説明もあり、サンゴを可愛く思ってくれたでしょうか?(笑)
沖縄 ネイチャーワークス さんご畑

グループに分かれてのガイドでは、サンゴの話はもちろん、海の生物の話も沢山。
サンゴだけでなく、自然自体を大切にしてくれると良いですね!
沖縄 ネイチャーワークス さんご畑

修学旅行で、スノーケリング

2015年03月24日

はいさい、安田です。
修学旅行二日目、今日は読谷のビーチからスノーケリングで水中観察です。

昨日は勉強か~といった雰囲気でしたが、今日はみんなハイテンションでした(笑)
綺麗な海を目の前にすると、テンションも上がりますよね♪
沖縄 ネイチャーワークス

ネイチャーワークスでは今後、安全にスノーケリングを楽しめるように、器材の使い方や、注意点もレクチャーします。
ほとんどの方が初めてでしたが、上手に泳いでいる方が多かったですよ!
沖縄 ネイチャーワークス

海ではナマコやヒトデなど、沖縄の海に欠かせない生物たちをじっくり観察。
最初は気持ち悪がっていたナマコも、海での役割を知ると、人気者になっていました。
水温が低かったので、寒くなる生徒さんもいましたが、まだまだ泳ぎたい~!といった声も出ていましたよ♪

この二日間を通して、サンゴの役割や、自然がどれだけ大切かといった事を感じてもらえていたらと思います。
もちろん、沖縄の楽しさもですね♪
沖縄 ネイチャーワークス

ありがとうございました!

サンゴ畑観察と、サンゴの株分け

2015年03月23日

はいさい、安田です。
今日・明日の2日間、ネイチャーワークスの修学旅行です。

毎年ネイチャーワークスをご利用いただいている高校で、修学旅行でサンゴや沖縄の海を知ってもらえるのは本当に嬉しいですね。

今日は、読谷村のサンゴ畑のガイドと、代表者がサンゴの株分けを体験。
自然のサンゴは、保護条例から傷つける事が出来ないのですが、ここは養殖サンゴを使っているので大丈夫。
自分たちで株分けしたサンゴが沖縄の海で育ち、約2年後に産卵までしてくれると良いですね♪
沖縄 ネイチャーワークス

サンゴ畑を作った経緯や、そもそもサンゴとは何か、どんな生き物なのかなどの説明を聞き、少しは興味が湧いてくれていると良いな~。
沖縄 ネイチャーワークス
沖縄 ネイチャーワークス

明日は読谷の海でスノーケリングをし、自然な生物たちに触れ合ってもらおうと思います♪

慶良間保全活動

2015年03月18日

はいさい、安田です。
今日は、恒例の慶良間保全活動へ参加してきました。

今回から40分以上は潜るというルール作りがされ、がっつり駆除作戦です。

南風が吹いていたので、ポイントは、黒島北と、知志へ。
どちらも人気ポイントですね♪
沖縄 ダイビング 慶良間 保全活動

今回は15名のインストラクターで保全活動をしましたが、レイシガイは3ダイブで766個。
沖縄 ダイビング 慶良間 保全活動
オニヒトデは見つかりませんでしたが、知志では漁網や釣り糸がいたるところで、サンゴに引っかかっているのが目につきました。
沖縄 ダイビング 慶良間 保全活動

どこまでサンゴが元気なんだ?といつもは行かない方へ進んでいくと、とてつもない数のミジュンが群れていましたよ!
沖縄 ダイビング 慶良間 保全活動

こんな海をいつまでも気持ち良く、使っていきたいですね。

 

【新・コーナー:今日の生き物♪】
その日の気分で紹介しましょうね

ヤコウガイ
沖縄 ダイビング 慶良間 保全活動

ヤコウガイはサザエの仲間で、その中でも最大の貝です。
綺麗な名前から、夜に光ると思われがちですが、貝自体は発光しません。
ヤクガイからヤコウガイに読まれるようになったようですよ。
殻の内側には真珠層があり、古くから工芸品に使われています。
ちなみにアルファでは、タバコの〇皿になっています(笑)

 

 

参加者全員にその日に撮らしていただいた写真をプレゼントしています!